がじぇっとるねさす

ホビーとエレクトロニクスを繋げるサイト

アイテム

GR-ADZUKI 特設

Scratch(S4A)で遊ぶ!

概要

GR-ADZUKIで子供向けビジュアルプログラミング「Scratch」で遊んでみます。WindowsとMacで利用可能です。
ここでは、Scratchの派生品「S4A」を使用します。

login

準備

GR-ADZUKI、USBケーブル(マイクロBタイプ)の2つを準備します。

login login

 

手順

1. S4Aのダウンロード、インストール

S4Aのサイトを開き、[downloads]をクリックします。

login


お使いのPCに合わせてS4Aをダウンロードしてインストールします。

login



2. GR-ADZUKIのスイッチ設定とPC接続

写真のようにGR-ADZUKIのスライドスイッチの設定を[ Scratch ]にしてください。

login



3. S4Aを起動

GR-ADZUKIをPCにつなげてS4Aを起動してください。起動してすぐは写真のように「Searching board..」と出てGR-ADZUKIを探している状態になります。

login


GR-ADZUKIを見つけると写真のようにAnalog0~Analog5、Digital2,3が表示されるようになります。
このようにならない場合は以下のことを確認してください。
・GR-ADZUKIのスイッチ設定は[ Scratch ]になっていますか? ・Windowsの場合、COMポートは32番以下になっていますか?33番以降の場合はデバイスマネージャーで32番以下にする必要があります。

login



5. 照度センサー(明るさ)の動作確認

以下のようにGR-ADZUKIに手をかざして暗くしてみましょう。

login


Analog2の値が800ぐらいから500ぐらいに変化します。数値が大きい方が明るく、小さい方が暗いということが分かります。

login


5. ボタンスイッチの動作確認

GR-ADZUKIには2個のボタンスイッチがあります。写真の指で示すボタンスイッチを押してみて下さい。

login


Digital3がFalseからTrueに変わります。もう一方のボタンスイッチを押すとDigital2が変わりますので試してみてください。

login


 

サンプル

Scratchプログラミングは簡単ですので、ここでの説明は省きたいと思いますがひとつ簡単なサンプルを掲載します。
明るさセンサーを使い、GR-ADZUKIに手をかざすとドラゴンが火を噴くというサンプルです。以下のファイルをダウンロードしてS4Aで読み込み、緑のフラグを押してください。

以下のリンクをクリックするとダウンロードが始まります。

dragon.sb

以下は画面イメージです。

login

S4A用のファームウェア復旧

ArduinoスケッチなどGR-ADZUKIのファームウェアを書き換えた場合、S4Aを使用するためにはファームウェアの復旧が必要です。以下のbinファイルをGR-ADZUKIに書き込んでください。書き込み方法は「1.Webコンパイラでスケッチ」を参照してください。

以下のリンクをクリックするとダウンロードが始まります。ダウンロード後に解凍してください。

adzuki_sketch_s4a.zip



share