がじぇっとるねさす

ホビーとエレクトロニクスを繋げるサイト

アイテム

GR-CITRUS 特設

IDE for GRでArduinoスケッチ

概要

Arduino IDEと同様な操作でスケッチできる「IDE for GR」でGR-CITRUSのスケッチをする方法を紹介します。
IDE for GRをダウンロードしておけば、インターネットにつながなくてもスケッチ作成ができます。

準備

ハードウェア

GR-CITRUS、USBケーブル(マイクロBタイプ)の2つを準備します。

login login


ソフトウェア

IDE for GRをダウンロードしてください。Windowsの場合、zipファイルを解凍してください。Macの場合、DMGファイルを開きアプリケーションとして登録してください。IDE4GRがアプリケーションとしてFinderに追加されます。

 

手順

1. IDE for GRの起動

Windowsの場合、解凍後のフォルダーから"ide4gr.exe"を起動してください。
Macの場合、"IDE4GR"をFinderのアプリケーションから起動してください。
次のような画面が表示されます。

IDE4GR


2. ボードの設定

メニュー[Tools] -> [Board]からGR-CITRUSを選択してください。選択後、スケッチを書き始めることができます。

IDE4GR


3. はじめて使用する場合

サンプルを実行してみましょう。メニュー[ファイル] -> [スケッチの例] -> [03.Analog]から"Fading"を選択します。サンプルスケッチが記載された画面が表示されます。

IDE4GR


スケッチの中にある"ledPin"を9ピンから"PIN_LED0"に変更します。なお、その他のピン定義についてはスケッチリファレンスを参照してください。

IDE4GR


4. GR-CITRUSの接続と書き込み準備

USBケーブルでGR-CITRUSとPCを接続してリセットボタンを押してください。GR-CITRUSがUSBメモリとして認識されます。

login


5. スケッチのビルドと書き込み

下の図に示す矢印ボタンを押してください。ビルドと書き込みが行われます。
書き込みが終わるとLEDがもわーんと光っていると思います。

IDE4GR

 

シリアルモニターを使ってみる

GR-CITRUSとコミュニケーションするためにはシリアルモニターを使います。やってみましょう。
以下のサンプルをスケッチにコピーして、GR-CITRUSに書き込んでください。

void setup() {
  Serial.begin(9600);
}
 
void loop() {
  static int oldtime = 0;
  if((millis() - oldtime) > 1000){
    Serial.println("Hello World");
    oldtime = millis();
  }
  
  if(Serial.available()){
    if(Serial.read() == 'a'){
      Serial.println("Hi, I'm CITRUS!");
    }
  }
}
                                
ポートの設定

スケッチを書き込み後、メニュー[ツール] -> [シリアルポート]からポートを選択します。注意としてポートは"Serial.begin"を実行した後でないと表示されません。このため、スケッチを実行した後にポート設定を行ってください。

IDE4GR


シリアルモニターの表示

下図のように虫めがねのボタンを押して下さい。

IDE4GR


シリアルモニターが表示され、"Hello World"が出力されると思います。ここで上のエントリーに"a"を入力して送信ボタンを押してみましょう。

IDE4GR

GR-CITRUSが自己紹介してくれます。

IDE4GR

share