がじぇっとるねさす

ホビーとエレクトロニクスを繋げるサイト

アイテム

TOPへ

GR-LYCHEE 特設

IDE for GRでスケッチ

概要

IDE for GRはArduino IDEをベースにしたプログラムツールです。これを使ったプログラム作成について紹介します。WindowsとMacで利用可能です。

準備

ハードウェア

GR-LYCHEE、USBケーブル(マイクロBタイプ)を準備します。

login
login


ソフトウェア

IDE for GRをダウンロードしてください。Windowsの場合、zipファイルを解凍してください。Macの場合、DMGファイルを開きアプリケーションとして登録してください。IDE4GRがアプリケーションとしてFinderに追加されます。

 

手順

1. IDE for GRの起動

Windowsの場合、解凍後のフォルダーから"ide4gr.exe"を起動してください。Macの場合、"IDE4GR"をFinderのアプリケーションから起動してください。次のような画面が表示されます。なお、行番号表示はV1.03以上で対応しており、「ファイル」→「環境設定」で行うことができます。


IDE4GR



2. USBケーブルでGR-LYCHEEとPCを接続

GR-LYCHEEとPCをUSBケーブルで接続してください。

login



3. マイコンボードの選択

メニュー[ツール]→[マイコンボード]→[GR-LYCHEE]を選択します。GR-LYCHEE(OpenCV)を選択してもいいですが、コンパイルや書き込みに時間がかかることに注意してください。

login



4. シリアルポートの選択

メニュー[ツール]→[シリアルポート]からポートを選択します。
Windowsの場合ポート番号はデバイスマネージャーから確認できますが、面倒な方は選択せずにこのまま進んでも大丈夫です。

login



5. サンプルプログラムの読み込み

サンプルを実行してみましょう。メニュー[ファイル] -> [スケッチの例] -> [03.Analog]から"Fading"を選択します。サンプルスケッチが記載された画面が表示されます。

IDE4GR



6. プログラムの変更

デフォルトサンプルでは9ピンのLEDを変更することになっていますので、これを以下の通り「PIN_LED_YELLOW」としてGR-LYCHEE上の黄色LEDに変更します。

IDE4GR



7. コンパイル・書き込み

以下の図の矢印を押します。プログラムのコンパイルが始まり、プログラムの書き込みまで行われます。エラーが発生した場合は、GR-LYCHEEがMBEDドライブとして認識されていないことが考えられますので、USB接続を確認してください。

login



8. スケッチの実行

書き込みが完了すると、MBEDドライブが再度認識されます。その後に、GR-LYCHEEのリセットボタンを押してください。GR-LYCHEEは蛍になりましたか?

login


 

share