スケッチリファレンス

このスケッチリファレンスは、GR-CITRUS用のプログラムを作成するために必要なライブラリについて記載しています。 はじめてGR-CITRUSを使用する場合は、以下をご覧ください。


Arduinoライクな”スケッチ”について

GR-CITRUSはArduino Pro Miniと互換性があります。ピンの配置や、ライブラリの使い方などほとんど同じように使用できます。Arduinoでは、プログラムのことをスケッチと呼んでいます。ここでもそれに応じてスケッチと呼びます。

少しスケッチの仕方について説明します。下のスケッチの例を見てください。これは、GR-CITRUSの1つのLEDを点滅させる単純なスケッチです。

#include <Arduino.h>
void setup(){
    pinMode(PIN_LED0, OUTPUT);
}

void loop(){
    digitalWrite(PIN_LED0, HIGH);
    delay(200);
    digitalWrite(PIN_LED0, LOW);
    delay(200);
}
                            

Arduinoの特徴的な記述としてsetup()とloop()は必ず書かないといけません。
setup()は、起動後に1度だけ呼ばれます。このスケッチでは、pinMode()というライブラリを使用してLEDを点灯するための準備をしています。
loop()は繰り返し実行されます。このスケッチでは、digitalWrite()やdelay()というライブラリを使用してLEDを点滅させています。
1行目の#include <Arduino.h>はArduinoでは不要な記述ですがGR-CITRUSの場合は必要になります。

Arduinoの最大の魅力はたくさんのライブラリがあることです。このライブラリを使うことで、LEDを光らせるだけでなく、音を鳴らしたり、モーターを回したり、ネットワークにつなげることが簡単にできます。上のメニュー”LIBRARY”から内容を見ることができます。

ピンの配置について

下図はGR-CITRUSのピンの配置です。ライブラリでは、ピンの番号で指定することが多くあります。


ピン番号の指定の例として、以下は2ピンをLOWにすることを意味しています。

digitalWrite(2, LOW);
                            

以下は、A0ピンの状態を読むことを意味しています。

analogRead(A0);
                            




めいど by がじぇっとるねさすプロジェクト
Contents are CC BY-SA 3.0